インドネシアの国資が「元宇宙」プラットフォームを構築するには、外資が市場を占有することを後悔するに違いないと直言した

Published on 1 Months ago   259 views   0 Comments  

ソース:AP通信

編集史正丞

Metaプラットフォーム、マイクロソフト、グーグルなどのインターネット大手激戦元宇宙プラットフォームの構築と同時に、東南アジア第1位の経済体も未来志向の競争に加わり、外国のライバルと正面PKを誓った。

先週末、インドネシアテレコム(PT Telkom Indonesia)は「メタネシア」(metaNesia)のオンラインイベントを開催した。イベントに出席したインドネシア国営企業のエリック・Thohir部長は、このメタ宇宙プラットフォームのオンラインは、インドネシア経済が急速に変化するインターネット分野に適応するのを支援し、同国の巨大な若者が集まる場所でもあると述べた。

(エリック・ThohirがVRデバイスを現場体験、ソース:ソーシャルメディア)

Thohir長官は、他の国にこの新しい世界を創造させ、彼ら自身の支払いシステムを使ってインドネシアで運営すれば、その時国はきっと後悔するだろうと述べた。

インドネシアの国営元宇宙プラットフォームはまだ初期段階だが、公開されている運営の詳細は非常に限られている。しかし、Thohir氏によると、このプラットフォームはインドネシアの中小零細企業が自分の商品を見せる場として、多国籍企業と同じ地位を持つという。オンライン健康相談などの他のサービスもこのプラットフォームに融合します。

国有企業の部長だが、Thohir氏は国有企業が象牙の塔になることはできず、中小・零細企業を抱擁しなければならないと強調し、民間経済もインドネシア生態の共同構成部分である。

全体的に見ると、インドネシアテレコムの元宇宙プラットフォームは依然として既存のインターネットサービスの「VR化」に焦点を当てている。このサービスには、スーパー、サービス、娯楽センターを提供し、「オンラインコンサート」活動を引き受けることができる巨大な「メタ宇宙ホール」が含まれるという。プラットフォームは今年後半にNFT市場、オンライン会議、さらにはヨガ、eスポーツなどの機能をオンラインにできるようにする。


Generic placeholder image
Promote your coin to 10k unique users daily
contact us PM Twitter
28 views   0 Comments   12 Hours ago
106 views   0 Comments   1 Weeks ago