標準化と革新のパラドックス:Web 3建設者はどのように両者の関係をバランスさせるのか?

Published on 7/28/2022   178 views   0 Comments  

原文タイトル:『標準化と革新のパラドックス』(The Standards Innovation Paradox

執筆:Michael Mignano,Anchor共同創業者

コンパイル:律動BlockBeats

標準化は開発コストから見ても、採用コストから見ても、開発者とユーザーにとって極めて友好的であることは間違いありません。Web 2の世界はそうですが、Web 3も同じです。

EVMという極めて強力な先発優位性を持ち、最も共通認識の強い仮想マシンは、Web 3業界の中心化アプリケーション開発の「標準」となっている。

エーテル坊のメインネットワークがオンラインになったこの7年間、日増しに増加しているSolidity開発者はエーテル坊の生態のために無数の応用を蓄積し、多くのユーザーを沈殿させた。現在、開発者にとって、EVM生態に応用を配置することは最大のユーザー層に触れることができるだけでなく、完備したインフラストラクチャを完璧に利用することができ、最も重要なのは何千ものEVM応用と組み合わせることができることである。ユーザーにとっては、1つのウォレットだけでRPC使用EVM「標準」内のすべてのアプリケーションをシームレスに切り替えることができます。

しかし、EVMはWeb 3業界のイノベーションをある程度制限している。EVM契約では16個のローカル変数しか定義できないことを例に、これは複雑な応用論理の実現を大きく制限している。EVM上で複雑な応用ロジックを実現するには、クロス契約呼び出しを行う必要があり、これはコストが極めて高いだけでなく、非常に安全ではありません。もちろん、DeFiアプリケーション内の論理は比較的簡単であり、EVMの同期実行は金融アプリケーションに極めて友好的である(eg.電撃ローン)ため、EVM系アプリケーションがEVM上で完全に実現されることも見られた。他のWeb 3アプリケーションにとっては、この「標準化」と「革新」の間のパラドックスを考える必要があるかもしれない。しかし、WASMのような他の仮想マシンを搭載したAlt L 1が徐々に台頭しており、Web 3の革新者たちには別の選択肢があることは朗報だ。

本文はポッドキャストプラットフォームAnchor共同創始者Michael Mignanoから出て、本文の中で「標準化」について定義して、そして標準化がもたらす優勢と劣勢と革新に対する挑戦を詳しく述べた。律動研究院は全文を翻訳した:

ポッドキャストのRSSなどの技術基準は、新しい技術が情報時代に広く伝播するための必須条件であり、これは標準化された技術だけが既存の生態系によりよく組み込むことができるからである。しかし、何事にも両面性があり、標準化の普及は革新をある程度制約している--これはポッドキャストのフォーマットが20年の発展過程でほとんど変化していない理由である。

技術基準の利点は、開発者が市場で各コンポーネントを構築したり、システム間のコミュニケーション方法を再定義したりする必要がなくなるように、チームが時間とお金を節約したり、市場の製品に共通の言語を提供したりするのに役立つことです。例えば、新しい電子メールクライアントを構築するチームは、送信者と受信者の間で電子メールが送信されるフォーマットを再設計する必要はありません。逆に、SMTP(簡易メール転送プロトコル)のみを採用し、ユーザーエクスペリエンスの向上に注力することができます。つまり、人々は先人が制定した基準を直接使用することができ、それによって製品開発のプロセスを加速させることができる、同時に、完全に独自の製品を構築するよりも、基準に基づいて構築された製品の方が市場への適合性が高いことがよくあります。

標準化された製品は視聴者層により迅速に接触することができますが、その代価として、低い参入障壁が同じ品目の製品を氾濫させ、市場の分化を招き、革新の進度を制約します。私はこの現象を「標準と革新の矛盾」と呼び、以下に詳細に説明します。


標準の定義


簡単に言えば、標準は1つの技術(ハードウェアまたはソフトウェア)と他の技術との相互作用の規範である。標準は通常、コミュニティによって開発され、委員会によって承認され、維持されます。これらの委員会は通常、参加したい人に開放されています。技術基準の例としては、HTTP(Webブラウズ用)、SMTP(電子メール送信用)、RSS(ブログやポッドキャストなどのコンテンツ連携用)、またはSMS(テキスト情報の送受信用)が挙げられる。


標準化の利点


RSS(Really Simple Syndication)を通じて、標準が製品チームにどのようなメリットをもたらしているかを理解してみましょう。RSSはこれまでポッドキャストの基本的な技術基準であり、クリエイターに単一の端末を通じてオーディオをリリースし、これらのコンテンツを他のプラットフォームに迅速に連携させる強力な配布メカニズムを提供してきました。過去20年間、RSSがポッドキャストとそのアプリケーションのために制定した共通言語は、それらの間の相互コミュニケーションを容易にし、ポッドキャストのインターネット上での盛んな発展を促進した。RSSでオーディオをパブリッシュするには、クリエイター(またはクリエイターを代表するポッドキャストプラットフォーム)が特定のフォーマットでポッドキャストをパブリッシュする必要があり、ポッドキャストの表紙のURLリンク、セット数リストなど、標準で定義されているパラメータのみが含まれています。

RSSとの付き合いに多くの時間を費やし、人と協力してAnchorを立ち上げたことがあります。これはポッドキャスト創作プラットフォームで、2019年にSpotifyに買収されました。Anchorは、専門的な経験や知識を必要とせずに、誰でも簡単にiOS、Android、またはWebブラウザからポッドキャストを投稿することができます。クリエイターにとってAnchorの不思議な点は、ボタンを1つクリックするだけでRSSを通じてすべてのポッドキャスト聴取プラットフォームにポッドキャストを配信することができ、Anchorも急速に発展し、最終的には世界最大のポッドキャストプラットフォームになったことです。

RSSは、ポッドキャストの創作におけるAnchorの発展に少なからぬ助けを提供するだけでなく、ポッドキャストにおける消費も促進している。世界中のほとんどのポッドキャストアプリケーション(アップルポッドキャスト、Spotify、Overcast、その他多くのアプリケーションなど)は、RSS規格下のポッドキャストをサポートしています。このような利点は、ポッドキャストアプリケーションがこの規格を採用している場合、世界中のすべてのポッドキャストを自動的にユーザーに表示できることです。上記のEメールの例と同様に、これらのアプリケーションはプラットフォームの内容を心配することなく、ユーザーエクスペリエンスに集中できることを意味します。これは、これらのコンテンツはオープンなインターネット上にすでに存在しており、ユーザーが楽しむために容易に入手できるからです。


標準化の悪影響


RSSの使用はポッドキャストソフトウェアのために多大な時間とお金を節約することができるため、ポッドキャスト生態系におけるコンテンツの流れ方を再設計する必要がなくなり、これらのアプリケーションは視聴者層を簡単に見つけることができることを意味します。そのため、同市場が約20年前に設立されて以来、ポッドキャスト生態系内には多くのポッドキャストソフトウェアが登場している。App StoreやGoogle Playストアでポッドキャストソフトウェアを検索したことがある場合は、大量の検索結果を得ている可能性があります。いくつかの観点から見ると、この現象はユーザーにとって良いことです。これは、ポッドキャストを聴くためにどの製品を使用するかを自由に選択できる柔軟性が高いことを意味しているからです。しかし同時に、ユーザーは単一の体験しか得られません。その理由は、前述したように、標準の作成は共通認識に基づいているため、その基礎となる言語を変更するのは難しいからです。次に、生活の中の例を使って、この中の論理関係をよりよく理解してみましょう。


標準と革新の関係


想像してみてください。あなたとあなたのパートナーは、あなたたちが行ったことのない国で2週間休暇を過ごしています。あなたたち二人だけなので、今回の旅行でやりたいことを何でもすることができて、あまり心配する必要はありません。例えば、夕食の予約をキャンセルしてコンサートに行くか、翌日の博物館見学をキャンセルしてレンタカーで別の都市を旅行することもできます。

今、この旅行の中であなたたち二人だけではなく、あなたの子供、両親、結婚、友人、そしてあなたの兄弟一家を想像してみてください。さて、これは全く別の旅になりますが、すべての行程は念入りに計画しなければなりません。いくつかの詳細を調整したい場合は、すべての人が同意する必要があります。これもほとんど不可能なことです。最終的に、あなたは長い間別れていた家族と忘れられない経験をすることができますが、少し平板で面白くないと感じるに違いありません。

だから、これはブログにとっても同じで、どのデザインチームも革新的になるには、その基準に関係するすべてのステークホルダーもその考えを受け入れるように説得しなければならない。そうしないと、彼らのアイデアも無効になる。また、あなたが自分勝手であれば、標準がもたらすメリットさえ体験できません。友人や家族と一緒に休暇に出かけるのは頭を悩ませているので、競争し合って規模の異なる会社と付き合うことを考えてみると、難易度は増すばかりである――これが標準を使った建設の矛盾である。


標準化と革新のパラドックス


標準と革新の間の矛盾は、チームが標準に基づいて新製品を構築する際に必ず直面する問題である。一方では、より広い視聴者とより高い製品-市場整合性であり、他方では市場慣性と共通認識の標準から乖離した革新的な設計である。革新のために基準を破ることを決めたチームが、他のステークホルダーから認められなかった場合は、結果を負担しなければなりません。生態系における利害関係者が多ければ多いほど、同意が必要な人が多くなり、変化を起こそうとするのは難しい。

考えてみると、チームが標準に基づかない閉ループの独自システムを構築しようとすれば、他の人に認められることなく、すべてを最初から構築し、自由に実施し、技術を調整することができます。もちろん、このアプローチの欠点は、開発コストが高くなり、市場位置づけの獲得にも挑戦的になる可能性があることです。しかし、この製品がマッチング市場を見つけると、標準的な制限を受けることなく革新プロセスを加速させることができます。


基準と革新の矛盾


標準と革新の矛盾の存在は、巨大な生態系内の他の既存製品と同様に、標準を採用して販売/相互運用性の優位性を得る(長期的な革新を犠牲にする)か、それともより高い柔軟性と革新的な潜在力を求める(既存の視聴者を犠牲にする)ために最初からすべてを構築するか、チームに選択を迫られるだろう。

ポッドキャストプラットフォームとRSS規格

Spotifyに買収される前に、Anchorを設立する初期段階でこの問題に直面していました。RSS規格に完全に基づいているため、ポッドキャストフォーマットを革新的に変更することはほとんどできません。

例えば、ポッドキャストのためにコメントエリアを開き、これらのコメントを番組のRSSソースに表示させたいとします。では、数百人のポッドキャストソフトウェアにこの変化を取り入れさせない限り、聴衆はコメントに参加できません。これにより、クリエイターは何のフィードバックも得られないだけでなく、この機能をインストールする機会もありません。

あるいは、より豊富で柔軟なポッドキャスト分析システムを構築し、クリエイターが番組の効果をよりよく理解しやすくし、広告を受けることで収入を増やすことができると仮定します。同様に、私たちも他のアプリケーションにこのシステムを採用させない限り、私たちはデータをプラットフォームに戻すことができず、最後にはこの機能を放棄するしかありません。

過去20年間、RSSの存在により、どのポッドキャストソフトウェアも完全に硬化した基準でしか書き込みができなかったが、どのチームが差別化された製品を作ろうとしたかは失敗に終わった。


通信ソフトウェアとSMS規格


通信ソフトウェアにおいても、このような限界は同様に存在する。SMSという短いメッセージ標準は1980年代に発明され、ここ10年の発展を経て、すべての重要な人々の支持を得た後、1992年についに最初の携帯電話と携帯電話事業者が採用した標準となり、最終的に1999年に普及した。その後、世界中のどこの誰でもSMS規格を採用している他の携帯電話にメールを送ることができ、どのベンダーやデバイスを使用しているかを考慮する必要はありません。

その後、通信ソフトに画像機能を追加する絶妙なアイデアを思いついた人がいた。もしあなたが他の人に画像を送ることができたら、それはどんなに良いことでしょう。しかし、SMSはオープンな標準であるため、画像は最新のソフトウェアアップデートに組み込まれるだけではなく、標準自体も調整する必要があり、機器メーカーや事業者ごとにこの変化に同意しなければなりません。最終的に、SMSはMMSに進化し、それから10年ほど経って、MMSは最終的に規模に達した。

iMessageはアップル独自の通信ソフトウェアですが、従来の基準を採用していません。iMessageが広く使われているのは、iPhoneのおかげです。iMessageを使うには、iPhoneのようなアップルのデバイスを持たなければなりませんが、これも欠点に違いありません。しかし、アップルデバイスを選択すれば、アップルの優れたサービスを受けることができます。独自のエコシステムのおかげで、アップルはユーザー体験を向上させ、SMS標準を採用している通信ソフトウェアはどこにも及ばないようにすることができます。


通信ソフトウェアの発展過程


ここ数年の間に、iMessageはかなり変化しています:早い年、SMSと何の違いもありません;しかし、現在では、既読マーク、フォトライブラリ、フィルタ、カスタム表情、アプリケーションストア、音声メモなど、機能が非常に豊富になっています。Snapchat、Messenger、WhatsApp、その他の多くのこのような通信ソフトウェアも同様で、SMS規格を破棄し、革新的で急速な発展の機会を得ています。しかし、その代償として、他のソフトウェアと対話することもできず、潜在的なユーザーのグループを失うことになります。


サブスクリプションプラットフォームとSMTP標準


最近、クリエイターが独自のコンサルティング業務を構築、保存、拡張できるEメール購読プラットフォーム、Substackを耳にしたことがあるかもしれません。

Substackの賢いところは、電子メールを持っている誰にも簡単にニュースレターを送信するためのオープンな基準、つまりSMTPを使用していることです。

上記のポッドキャストの例と比べて、RSSを採用しているプラットフォームはすべてすぐに供給上の問題を解決することができますが、Substackはそれを裏返しています。それは需要の面に重点を置いて、すべてのユーザーがコンサルティングの内容を読むことができるようにしています。これは非常にスマートな戦略であり、その発展を加速させるだけでなく、多くの有名作家や有料ユーザーを引き付けることもできます。

しかし、このようなSMTPを利用して読者にコンテンツを即時に送信する方法は驚くべき効果があるが、その代償は、電子メールがSMTP基準に従っている限り、静的であることにある。これは、SubstackがEメールを使用して読者の検索体験をリアルタイムに最適化したり、リアルタイムで更新されたコメントエリアをオープンにしたり、ユーザー体験を向上させるためのその他のタイプの動的機能を実装したりするなど、動的な機能を導入することができないことを意味します。同様に、Substackがこれらの革新を本格的に実装するには、オンライン上の主要なEメールクライアント開発チームのほとんどの同意を得る必要があります。

そのため、Substackは最近、Substackでのユーザーの使用体験を最適化するためのアプリケーションをリリースするという巧妙な革新を行っています。これは、Substackがこのアプリケーションを普及させることに成功すれば、SMTPの基準にとらわれずにプラットフォームのユーザー体験を向上させることができるという意味です。しかし、このようにすると同時に開放基準の優位性を放棄したことにもなり、最初はこの基準で発展してきた。

私から見れば、Substackが直面している矛盾点は、SMTPを使い続けて、より広範な視聴者を獲得すること、革新を加速させるために独自のソリューションを構築することもできます。現在、そのアプリケーションのリリースは、Substackがこの矛盾に対する態度を示しており、基準から徐々に遠ざけることを選択していることは明らかである。


呪文を破り,両者を兼ねる


標準と革新の間の矛盾は、変更したい多くの企業を束縛する可能性がありますが、実際には、この矛盾を解決するには仕方がないわけではありません。実際には、チームが標準的なメリットを得ることができ、革新的に制限を突破することができる方法があります。

既存のシステムを活用

時間があれば、標準を採用しているすべての製品は最終的には大同小異である。これは、基準が根強く、変更が難しく、製品の発展がすぐに上限に達するからです。同時に、標準を採用している製品が多ければ多いほど、市場の慣性が大きくなり、標準が変わることはあり得ない。各製品にとって、市場競争は非常に激しく、差別化戦略によって包囲を突破するのは難しいだろう。だから、突破するためには、これらの製品は基準に制限されていない市場で生気を探さなければならない。

Spotifyのポッドキャストビジネスがその一例です。数年前、このストリーミングオーディオ大手は音楽プラットフォームにすぎなかったが、今では他のジャンルのオーディオコンテンツを多く網羅している。音楽とポッドキャストのコンテンツと体験の違いを考慮すると、同社はポッドキャストを専門に聴くアプリケーションを発売し、この2種類のオーディオコンテンツを区別することを望んでいる人が多い。しかし、Spotifyがそうすれば、ポッドキャストプラットフォームの市場競争に参加せざるを得ないが、この市場はRSS規格に制限されており、すべての製品が提供する機能はほぼ同じである。だから、Spotifyがこの市場に転戦すれば、他のポッドキャストプラットフォームのように標準的な溝を越えることは難しいだろう。そこで、Spotifyは既存の音楽ユーザー群を活用して、既存のSpotifyアプリケーションで数億人のユーザーにポッドキャストを送信する。これでSpotifyはこの呪文を破ることに成功した。

後方互換性の提供

実際には、ユーザーは標準ベースの製品を使用するのが好きです。このような製品は選択が多様であるだけでなく、データ転送も柔軟であるためです。だから、革新的な路線を歩みたい製品にとっては、既存の基準がユーザーに提供する優位性を維持しなければならない。そうしないと、ユーザーと市場を失うリスクを負う必要がある。これを行うには、標準的な後方互換性を搭載することができます。アップルのiMessageのやり方を見ることができます。iMessageを使ったことがあれば、アンドロイドユーザーにメッセージを送ったことがある可能性があります。メッセージを送信すると、メッセージボックスは元の緑に戻ります。これは、iMessageがSMS標準を採用しているため、受信者とメールでやり取りするのに便利です。これにより、アップルユーザーはiMessage上のすべての革新的な機能を体験することができ、アンドロイドデバイス上の友人に情報を送信し続けることができます。


まとめ


標準は革新の足どりをある程度制約するが、標準化が技術発展に多くのメリットをもたらしたことは否定できない。そのため、基準に基づいて新しい製品を構築する際には、開発チームは多方面のトレードオフを行い、将来の製品が市場に向かう際に基準と革新の関係をどのように処理すべきかを慎重に考えなければならない。


Generic placeholder image
Promote your coin to 10k unique users daily
contact us PM Twitter
24 views   0 Comments   10 Hours ago
106 views   0 Comments   1 Weeks ago