「雪崩」の著者ニール・スティーブンソンはついにWeb 3に足を踏み入れた。彼はどんな元宇宙を作りたいのか。

Published on 1 Months ago   203 views   0 Comments  

"ニール・スティーブンソンはLamina 1という元宇宙プロジェクトを構築しています。

編集|Light

製品:科学技術の智谷

元タイトル:「<雪崩>著者ニール・スティーブンソンはついにWeb 3に足を踏み入れた」

FacebookがMetaと改名することで、完全に元宇宙の火をつける前に、「元宇宙」という言葉は30年も生存していた。1992年、サイボパンクSF作家のニール・スティーブンソン(Neal Stephenson)はSF大作「雪崩」を発表した。「雪崩」でニール・スティーブンソンは「元宇宙」(Metaverse)という言葉を創造し、巨大な仮想現実世界を描いた。人類の住民はここでやり取りし、肉食空間の反ユートピアを不快に脱出することができるが、これは元宇宙の始まりとされている。

スティーブンソンは元宇宙という言葉の創造者だが、スティーブンソンがここ数年来夢中になっているのは暗号学とデジタル通貨であり、彼が書いた暗号通貨の起源の小説「コード宝典」(Cryptonomicon)が証明したように。いいえ、彼も次世代のインターネットを受け入れる上で自分が遅れていることを認めていますが、今週のテキサス州オースティンで行われたコンセンサス会議で、スティーブンソンはLamina 1という元宇宙プロジェクトを構築していると発表し、最終的にはWeb 3の川に足を踏み入れました。


闇号化通貨からWeb 3へ


スティーブンソンは会議でLamina 1を自由な元宇宙プロジェクトと呼び、「芸術家や他の価値創造者が彼らの仕事のために適切な報酬を得て、環境(低炭素または負炭素)を助けることを目的としており、元宇宙のビジョンが独占者によって選択されるのではなく、真の開放的な元宇宙が構築されているのを見ている。

Decryptのインタビューで、スティーブンソンとLamina 1の共同創業者Peter Vessenes(暗号化の先駆者とビットコイン財団の共同創業者)はこのプロジェクトを詳しく述べた。「Lamina 1はオープンなメタ宇宙を構築するために特別に構築されたブロックチェーンで、私たちと一緒に構築したいクリエイターをサポートし、励ましてくれる完全な第1層(ブロックチェーン)のすべての施設を持っています。これが私とスティーブンソンの戦略です。誰もが彼らが欲しいものを構築するために必要なすべてのツールを構築し、すべてを調整するために必要なものを構築することです。

スティーブンソン氏によると、「雪崩」の元宇宙を想定する際、Web 3を予見していなかったが、ブロックチェーン技術は最終的に元宇宙を現実にするために必要だと述べた。「『雪崩』にはWeb 3の思想が隠されていると思います。ある分散した支払いシステムがなければ、あなたがそこで見たものは本当に存在しないと思います。これらの数百人の取引を処理する大きな銀行がないからです」。スティーブンソンは言った。

スティーブンソン氏は、「雪崩」の次の本「ダイヤモンド時代」(Diamond Age)に続いて1995年に出版されたとき、新興の闇号化通貨や闇号化学業界を知っている人とのやり取りを始めたと述べた。この本を書く時こそ、彼は本当により具体的な方法で元宇宙の概念を理解し始め、世界的なメディアネットワークとして「匿名支払いがこのネットワークで発生するのは物語の中の重要なポイントです。基本的には、この詳細がなければ、物語全体が崩壊するからです。

Vessenesにとって、Web 3とLamina 1は現在のWeb 2生態係における基本的な不平等を解決する方法です。「私たちはコンテンツを作り、価値のあるものを作り、西海岸の大手科学技術独占企業に無料で提供し、(ソーシャルメディアで)好きなものと交換します」とVessenes氏は述べた。「人々が無料のものを作って送るべきではないというわけではありませんが、Web 3の分散した設定は価値を流動させ、誰にでも公平にすることができます。

最後にVessenes氏によると、発表チームはまだ開発され、資金調達と採用の早期段階にあり、現在、投資を終えたばかりで、秋にテスト版を発売することを目指しているという。


Web 3クリエイター経済の再構築


2014年、イーサネット連合創業者でPolkadot創業者のGavin Woodは、ブログ「Insights into a Modern World」でWeb 3の定義を初めて明確に提出した。情報はユーザー自身が発表し、保管し、遡及できず、永遠に流出しない。ユーザーのいかなる行為も中間機関が伝達を助ける必要はなく、ユーザーは異なる中心化プラットフォームで多重アイデンティティを作成する必要はありません。中心化した汎用デジタルアイデンティティシステムがあります。未来のユーザーは自分の「鍵メモリ」を持ち、過去にこれらのサービスサイトが把握したデータは分散アプリケーション技術を通じてユーザー自身が把握します。以上の短い百字余りの解釈から、Web 3の本質は価値帰属の再構築と移転であり、スティーブン森本次の元宇宙プロジェクトLamina 1の本質はクリエイター経済の再構築であることがわかる。

では、どんなクリエイター経済でしょうか。これを自由な個人に基づく創意的な経済行為と理解することができます。例えば、独立したコンテンツクリエイター(ブログ、ソーシャルメディアネットワークレッド、カメラマンなど)は、中心化されたプラットフォームやコミュニティなどに行って自分のオリジナルコンテンツを発表し、収益を得ることができます。だから、創始者経済の本質は所有権経済です。

Web 2時代には、クリエイター経済には収入分配のムラ、コンテンツ管理権の欠如、悪性競争などの問題があり、Web 3の特徴は、クリエイター経済がクリエイターにコンテンツに対する製御権を持たせ、オリジナルが保護され、良質なコンテンツが奨励される機会を与えることができる。

Web 3クリエイター経済はWeb 2クリエイター経済に比べて4つの優位性がある:1つは、クリエイターがコンテンツに対する製御権を持ち、クリエイターがアップロードしたコンテンツは非中心化ストレージを実現し、永久的にチェーンアップする;第二に、Web 3クリエイターはすべてのコンテンツを経済的にチェーン化し、ユニークな知能契約アドレスを生成し、オリジナルコンテンツを保護することができます。その3、Web 3ソーシャルプラットフォームはユーザーが提出した内容に対してスクリーニングメカニズムを構築し、主にプラットフォームの選出、ユーザーの選出、ロボットのスクリーニングなどの方式を含み、また賞を与えるメカニズムを設立し、ユーザーは自分の好きな内容に賞を与えることができ、賞を与える資金は直接クリエイターに配布し、クリエイターの創作意欲を奮い立たせ、その内容の質を高めるのに役立つ。4つ目は、Web 3時代、NFTプラットフォーム、ソーシャルプラットフォーム、コンテンツ配信プラットフォームは、より多くのクリエイターが創作配当を受けることができるように、クリエイターに収入を得るためのルートを提供することができます。

しかし、Web 3は1%と99%の極端な分布を変えることはできません。つまり、1%のクリエイターがWeb 3でよく暮らしており、99%のクリエイターがWeb 3ではうまくいかないため、ニール・スティーブンソンがWeb 3に及ばず、自由な元宇宙プロジェクトLamina 1を構築しても、価値分配の問題を解決することはできません。


Generic placeholder image
Promote your coin to 10k unique users daily
contact us PM Twitter
130 views   0 Comments   3 Days ago
51 views   0 Comments   3 Days ago
106 views   0 Comments   6 Days ago
210 views   0 Comments   1 Weeks ago
183 views   0 Comments   1 Weeks ago
133 views   0 Comments   1 Weeks ago
164 views   0 Comments   1 Weeks ago